気象大学校バナー
ホーム ≫ 学生生活:自治会・寮運営委員会

自治会・寮運営委員会

自治会長挨拶

自治会長写真

こんにちは。気象大学校では、学生の運営する自治会を通じてさまざまな活動をしています。これからちょっとだけですが紹介したいと思います。

気象大学校の学生は、時間の制約が大きい中で、自分のやりたいことを見つけていろいろな活動をしています。また、人数が少ないため先輩後輩とのつながりが非常に強く、さまざまな場面で協力し合って、質のよいものを作り上げようとしています。

まずは部活動を紹介します。野球部、サッカー部、陸上部などの運動部は、経験者は少ないながらもチームワークを発揮し、地元の大会に参加しています。最近はちょっとずつ勝率が上がってきました。

軽音楽部やリコーダーアンサンブル部などの部活は少ない時間を生かしながら練習して、内外に向けた演奏会を行っています。ほかにも、天気の会や地球科学愛好会など、気象庁の携わる分野について学んでみたい学生が集まった部活もあります。

また、体育祭や紫雲祭などの学校行事についても、実行委員の学生を中心として運営が行われています。特に、紫雲祭実行委員会の学生はこの日のために一年間さまざまな準備をしています。また、紫雲祭は文化部にとっても一大イベントで、この日に成果を発表しようと一生懸命活動しています。

紹介した活動以外にも、気象大学校外部での部活・サークルに参加している学生もいます。

気象大学校の学生数は少ないため、どんなことをしているか、どんな学生がいるかはあまり目につかないかもしれません。もしよければ、オープンキャンパスや紫雲祭などのイベントにお越しください。直接学生と交流ができるよい機会だと思います。

(気象大学校 自治会長 ※写真の左端)

寮長挨拶

寮長写真

みなさん、こんにちは。私から、智明寮での生活について簡単に説明させていただきます。智明寮は、原則的に二人部屋で、先輩と後輩の組み合わせで生活しています。部屋の組み合わせは、年に二回変わります。寮の部屋には備品としてベッド、事務机、書棚、そして作り付けの押し入れとエアコンがあり、それ以外の家具や家電が必要な場合は個人でそろえています。智明寮は仕切りによって男子寮と女子寮に分かれており、お風呂、トイレ、洗濯機、乾燥機は男女それぞれ別に共同のものを使っています。また、寮では普段から掃除当番が組まれており、年に4回は寮生全員で寮の大掃除を行っていますが、それ以外は自由に生活でき、消灯時間も、門限もありません。寮には食堂があり、学校のある日はそこで食事をとることができます。食堂は寮生でなくても使うことができます。寮費は、学生の自治組織である寮運営委員会によって、寮の掃除用具といった共同で使う消耗品を購入する程度集められます。ちなみに、寮は土足禁止です。

智明寮は学校の気象大学校の敷地内にあるので、よく寮生があげる寮のメリットとして朝ゆっくり眠れるというものがあります。寮の一階に住んでいる人なら、学校までの通学時間は急げば30秒ほどです。また、学生のほとんどが住んでいる寮は大きな家族みたいなもので、先輩が後輩に勉強を教えたり、同学年同士で相談し合ったりと、和気あいあいとした生活を送っています。その中でも、女子寮は人数が少ないため、女子寮全体で一つの部屋のように仲良くしています。さらに、智明寮には学生以外にも気象庁職員の方々が研修にいらっしゃったときに泊まる区画があり、年に数回研修生との交流会も開かれるため、気象庁の実際の業務を知る機会もあります。

(智明寮 寮長)


気象大学校ホームページについて | サイトマップ | サイト内検索 | お問合せ