気象大学校バナー
ホーム ≫ 気象大学校とは:校長挨拶

校長挨拶

校長写真

 本校は、大正十一年に発足した中央気象台附属測候技術官養成所を前身とし、昭和三十九年に四年制の気象大学校として改組され現在に至るまでの九十六年の永きにわたり、気象庁業務を支える多くの幹部候補生を養成・輩出してきております。学生のみなさんへは、入学と同時に国家公務員としての資格が与えられるのが本校の最大の特徴となっています。

 気象庁の重要な使命は、科学的な観測に基づき、最新の知見を活用してデータを解析し、適時的確に防災情報等を提供することで、自然災害から国民の生命財産を守るとともに、社会の健全な発展に資することです。
 このため気象庁では、宇宙空間から地中に至るまで気象衛星、レーダー、アメダス、地震計などの観測ネットワークを張り巡らせ、災害をもたらす様々な自然現象を的確に捉えて監視するとともに、スーパーコンピューターなどを用いた高度な解析や予測に基づく各種防災情報、生活に役立つ情報を提供しています。
 気象大学校では、これらを支える基盤となっている、気象学、海洋学、地震学、火山学などの地球物理学を中心に、行政機関の職員として必要な一般教養から高度な専門分野、さらには実践的なカリキュラムとして演習・野外観測や、職場実習を含む防災分野についても学んでいただきます。本校ではこれらの教育にあたり、一学年約十五名という少人数であるという利点を活かした、専任教官二十数名等によるきめ細かい指導体制を整えています。
 また、キャンパス内に寮を整備しており、豊かな自然の残るキャンパスを利用した課外活動も充実しています。卒業時には、(独)大学改革支援・学位授与機構により学位(理学)が授与されます。

 自然現象に興味を持ち、その専門技術・知見を活かして将来気象庁の使命のために第一線で活躍したいという意気込みをもったみなさんの入学を心よりお待ちしております。

気象大学校校長 上垣内 修


気象大学校ホームページについて | サイトマップ | サイト内検索 | お問合せ